需要予測


「需要予測」について説明します。

原材料から、製造、物流、小売などで、「ロジスティックス」や「SCM(サプライチェーンマネジメント」をおこなうには、「需要予測」が、非常に重要になります。

なぜ、「需要予測」が重要なのでしょうか?

「定期不定量発注点方式」では、一定期間ごとに発注します。

発注量は

発注量=(発注間隔+調達期間)x使用予定量+安全在庫-現在の在庫量-現在の発注残

で計算します。

この中で、一番難しいのが「使用予定量」の把握です。

「発注間隔」や「調達期間」が長くなると将来の「使用予定量」を正しく把握する必要があります。

将来、どのくらい需要があるのかを把握する必要があります。
「需要予測」の数量です。

一般的に、注文が入ってから納期までの「受注のリードタイム」が全体の「サプライチェーン(生産・出荷)のリードタイム」より、かなり短いですので、「需要予測」の情報で製品や原材料、部品を準備する必要があります。
「サプライチェーン全体」で共有する必要があります。


■1.需要予測の情報

需要を予測するには以下のような情報を使用します。

  1. 販売データ
    小売業などでの、実際の販売データです。

  2. お客様からデータを貰う
    お客様が企業であれば将来の需要のデータを貰うことができます。

  3. 営業の人が需要のデータを作成します。
    (3)統計的に需要を予測します。
    過去のデータをもとに将来の需要を予測します。

などです。

小売業では、「POS(販売時点情報管理)システム」などの情報です。
その他、「販売実績データ」などを使用して予測します。


■2.統計的な需要予測の方法

統計的に需要を予測するには、次のような方法があります。

  1. 時系列分析法
    過去の実績を平均する方法です。
    平均は1年間、6ヶ月間、3ヶ月間などにします。
    重みづけをする場合もあります。

  2. 移動平均法
    昨年の実績などから当月の前後の実績データを平均して今年の予測をおこないます。

  3. 指数平滑法
    重み付けを指数的におこなうやり方です。

  4. 加重移動平均法
    移動平均法に実績値の重みづけをおこないます。

などが主なものです。
この中に「季節変動」を入れる場合もあります。

まだ他にもいろいろな方法があります。

でも、正確に予測するには、かなり難しいです。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:402310

運営者