クラウドコンピューティング


「クラウドコンピューティング」について説明します。

以前は、「物流センター」のソフトや「ERP(業務統合ソフト)」などの「業務ソフト」は、「クラントサーバーシステム」で、LAN環境で、使用されていました。

でも、最近は、「クラウドコンピューティング」が注目されています。

多くの人が、マイクロソフト、グーグル、アップルなどの「メール」や「ファイルの保存」、「カレンダー」などインターネット上のサービスを使っていると思います。
無料のものも多いですね。

「クラウド」とは、日本語で言うと、「雲」という意味です。
「雲」は、どこからでも見えます。

「クラウドコンピューティング」は、「インターネット」に接続することにより、いろいろなサービスを利用することができます。

どこからでも使えるということです。

最近では、前述の「物流センター」の
「WMS(倉庫管理システム)」や「TMS(輸配送管理システム)」、「ERP(業務統合ソフト)」などの業務のソフトも「クラウド環境」で提供されるものが、増えています。

「クラウドコンピューティング」もいろいろな使い方の種類(形態)があります。

「クラウドコンピューティング」には、使い方によって以下のように分けられています。

  1. SaaS
  2. PaaS
  3. IssS

です。

それぞれについて説明します。


■1.SaaS

「SaaS」とは、「Software as a Service」の頭文字を取った略語です。
「サース」と読みます。
日本語で言うと「サービスとしてのソフトウェア」です。

これまで「クライアントサーバーシステム」で、パッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用する形態のことです。

「SaaS」は、以前は、「ASP」(アプリケーションサービスプロバイダー)と呼ばれていました。

前述のマイクロソフト、グーグル、アップルなどの「メール」や「ファイルの保存」、「カレンダー」などの無料のソフトも「SaaS」になります。

「物流センター」の「WMS(倉庫管理システム)」や「TMS(輸配送管理システム)」、「ERP(業務統合ソフト)」なども「SaaS」になります。
顧客は、「インタネットエクスプローラー」などのブラウザからサービスを利用します。

「Saas」のメリットとデメリットです。

「SaaS」のメリットです。

  • 「SaaS」のメリット

    1. 業務にすぐ、使用することが出来ます。
      自前でシステムを構築する必要がありません。

    2. いつでも、どこからでもアクセスできます。
      データをインターネット上に保存することができます。
      PC、スマートフォン、タブレットなど端末を選ばずにデータにアクセスすることができます。

    3. 経済的です。
      利用料の応じて料金を払います。
      月々の使用料を支払うことで使用できます。
      クライアントサーバーシステムより、安くシステムを使用することができます。

    4. 価格が安い。
      システム開発費用が必要ありません。

    5. 複数の人間が同一データを共有し、更に編集もできます。

    などです。


でも「デメリット」もあります。

  • 「SaaS」のデメリット

    1. 自社に合わせてカスタマイズできない。
      多くの企業が同じシステムを使うので、企業特有に「カスタマイズ」するのが難しくなります。
      「カスタマイズ」する場合は、価格が高くなります。

    2. 既存のシステムとの連携が難しい。
      ローカルの自社システムとの連携は、難しくなります。

    3. データの秘密保持が問題です。
      インタネット経由でデータをやり取りしますので、「セキュリティ管理」が重要になります。

    4. ビジネスの変更が必要になります。
      ソフトが作業に合っていない場合は、業務をソフトに合わせる必要があります。

    5. 信頼性、安全性が不十分です。
      「セキュリティ管理」が必要です。

    6. 業務のシステムの種類があまり多くない。
      最近は、かなり増えてきています。

でも、「SaaS」は、どんどん新しいシステムが開発されています。
これからの主流になっていくでしょうね。


■2.PaaS

「PaaS」は「Platform as a Service」の頭文字を取った略語です。
「パース」と読みます。
日本語で言うと「サービスとしてのプラットフォーム」です。

「アプリケーションソフト」が稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

開発者は、あるシステム設計に沿った方法でアプリケーションを開発できるので、コストを抑えてかつ早くシステム開発をおこなうことができます。 

システムを借りて、自分たちでソフトを開発してゆきます。
企業独自のシステムを開発することができます。
企業独自のノウハウが多い場合は、いいかもしれません。

マイクロソフト社の「Windows Azure」などが代表的なサービスです。
「Windows Azure」は、「ハードウェア」と、「Windows」などの「OS」と、「SQL Server」などの「データベース」を提供します。


■3.IssS

「IaaS」は「Infrastructure as a Service」の頭文字を取った略語す。
「イァース」と読みます。
日本語で言うと「サービスとしてインフラ」です。


情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態のことを指します。

これまでの「ホスティングサービス」と言われるサービスと同じようなものです。

例えば、
ホームページなどを開示する場合の「レンタルサーバー」などです。

「ハードウェア」と「Windows」や「Linux」などのソフトウェアを提供するサービスです。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:511401

運営者