ドロップシッピング


「ドロップシッピング」について説明します。

「ドロップシッピング」とはどのようなものでしょうか。

最近、「ネットショップ」などで、「ドロップシッピング」がおこなわれています。

「ドロップシッピング」とは、「直送方式」です。

つまり、「ネットショップ」などの販売店が自分達で、在庫を持たずに、生産地や、メーカー、問屋などから、直接、最終消費者などの顧客へ、商品が届けられる、「物流システム」です。

「ネットショップ」は、「販売」だけをおこなっています。
「ネットショップ」は、商品が、販売されると、「販売手数料」を受け取ります。

通常では、「ネットショップ」などの販売店は、工場などの生産者から、商品を仕入れます。

「配送センター」などで、在庫管理をおこない、注文に応じて出荷する必要があります。
多数の、在庫を抱えて販売する必要があります。

複数の「配送センター」や事業所を経由すれば、「リードタイム」が長くなりますし、「物流コスト」も高くなります。

「ドロップシッピング」では、「ネットショップ」の「販売店」は、在庫を持たずに、販売だけに集中することが出来ます。

「生産者」は、生産することに集中出来ます。

「販売店」は、注文が入った時点で、その「注文情報」を「生産者」へ、連絡します。
「生産者」は、「注文情報」に従って、「消費者」へ直接、商品を出荷します。

ことわざに、「餅は餅屋」というのがあります。
何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえです。
「ドロップシッピング」は、そういうやり方です。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:511401

運営者