入荷


「入荷」について説明します。

「入荷」は、
「仕入先」、「取引先」、「自社工場」から届いた商品を「受け入れる」ことです。



通常は以下のような流れになります。
それぞれの注意点です。

  1. 入荷
    「納品書」と同じ「品番」、「数量」を「現物」と確認します。
    全部、または、一部を開けて確認します。

  2. 検品
    商品に「損傷」や「品質」に異常がないか確認します。

  3. 棚に入庫
    指定した「棚」に格納します。

事前に、仕入先、取引先、自社工場などから「入荷予定データ」が送られてきます。
「ASN(Advanced Shipping Notice:事前出荷情報)」データと呼ばれています。
入荷される商品の「内容」や「数量」などです。

どのくらいの量の商品がくるかわかりますので、事前に、「作業者」や「機械」の手配ができます。

システム化された「物流センター」では、事前に「入荷予定データ」を「ハンディターミナル」などに取り込むことができるようです。
入荷された商品の「物流ラベル」や「バーコード」などを読み込むことで、データと商品を把握し、素早くかつ正確に「検品」をおこなうことが出来るそうです。

また、最近は、「製造日」、「賞味期限」などの「ロット管理」や商品の「トレーサビリティ(履歴管理)」のチェックなども「入荷」として行なえるようになっているものもあるそうです。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:521401

運営者