物流センターとは


「物流センター」について説明します。

最近では、「アマゾン」などのネット販売や「コンビニ」や「大手スーパー」では、「物流センター」を持っています。

「物流センター」とは、
「高度化した作業を行う倉庫」
のことです。


例えば、
「仕分け作業」「流通加工」「入荷・出荷」「在庫管理」などに、「WMS(倉庫管理システム)」や「TMS(運行管理システム)」などのコンピュータシステムを完備した倉庫です。

「物流業務」で、使われるのが「倉庫」であり、「ロジスティクス」や「SCM(サプライチェーンマネジメント」などの「物流」が高度化した現場で使われるのが、「DC(Distribution Center:ディストリビューション・センター)」や「TC(Transfer Center:トランスファー・センター)」と言われる「物流センター」です。


■1.物流センターの機能

「物流センター」は、「物流」と同じ機能を持っています。

「物流センター」の「機能」としては、次の5つがあります。

  1. 保管
  2. 輸送
  3. 荷役
  4. 包装
  5. 流通加工

です。

再度、説明します。

  1. 保管
    「保管」は、「倉庫」や「物流センター」に商品を保管します。
    生産と消費の時間的ギャップ(隔たり)を埋めます。
    市場への商品の安定した供給を実現します。

  2. 輸送
    「輸送」は商品を、生産地から消費者へ輸送することです。
    「物流センター」から複数の「小売店」へ「配送」することも含んでいます。
    生産と消費の「場所的ギャップ(隔たり)」を埋めます。

    代表的な輸送手段は、

    • トラック輸送
    • 鉄道輸送
    • 海上輸送、
    • 航空貨物輸送

    などです。

  3. 荷役
    「にやく」と読みます。
    「荷役」は、商品を「倉庫」や「物流センター」で入庫したり、運んだり、出荷することです。

    「荷役」には、以下の業務があります。

    • 商品の入出庫
    • 積み付け、積み下ろし
    • ピッキング
    • 配送別の仕分け

    などです。

  4. 包装
    「包装」は、商品を「包装、梱包」することです。
    内容物の保護や、荷役のために、「個装」、「内装」、「外装」をします。
    ユニット化(荷姿の標準化)、商品の区分表示などをおこないます。

  5. 流通加工
    「流通加工」は、「倉庫」や「物流センター」で、商品に加工を施すことです。
    顧客のニーズに対応し、流通段階で行われる「加工」です。

    次のような加工があります。

    • 値札やラベル付け
    • 袋詰め
    • 販売サイズへの小分け
    • ギフト商品にするためのセット組み

    などです。


■2.物流センターの種類

「物流センター」には、以下のような種類があります。

  1. 配送センター
  2. デポ
  3. DC(Distribution Center:ディストリビューション・センター)
  4. TC(Transfer Center:トランスファー・センター)
  5. PC(Process Center:プロセス・センター)
などです。

詳細は、別途説明します。


■3.物流センターの場所

「物流センター」の場所についてです。

「物流センター」は、どこに作ったらよいでしょうか。

「物流センター」の場所を決めるときには、以下の2つの考え方があります。

  1. 生産立地型倉庫
  2. 消費立地型倉庫
です。

それぞれについて説明します。

  1. 生産立地型倉庫
    「生産地」や「仕入れ先」に近い「物流センター」です。
    「仕入先数」が「販売先数」より多い場合には、効率的です。

  2. 消費立地型倉庫
    「消費地」や「販売先」に近い「物流センター」です。

    「販売先」が「仕入れ先」より多い場合や「販売先」からの「リードタイム」などの要望が厳しい場合には、効率的です。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:402310

運営者