流通とは


「物流」を知る前に、まず「流通」から知っておいた方が良いと思います。

まず「流通」について説明します。


■1.流通とは

「流通」とは何でしょうか?

現在、私たちは、欲しい商品を、いつでも、近くの「お店」や、「スーパー」、「コンビニ」などで購入することができます。

欲しい商品は、「国内」のみならず、「海外」の商品もあります。
「海外」の商品であっても、「インターネット」で購入することが出来ます。

通常、商品の生産や原産地の「場所」と、その商品を購入する消費者の「場所」は異なっています。
また、生産の「時期」や、購入する「時期」も異なっています。

でも、「海外」の商品であっても、いつでも購入することが出来ます。

現在の社会では、「生産」と「消費」の間に隔たりがあります。
「場所」や「時期」などです。

生産された物を、消費者に渡す活動が必要になります。

流通は、
「生産や販売されたものを、消費者へ渡すこと」


です。

その活動が「流通活動」です。

「流通活動」が無ければ、現在では、生活することが出来ません。


■2.流通の2つの流れ

では、どうやって商品は「生産者」や「販売者」から「消費者」に渡っていくのでしょうか。

例を上げて説明します。

インターネットで、海外から商品を購入する場合を考えます。

以下のようなステップで「商品」を購入します。

  1. まず、海外のホームページから、「商品」を注文します。

  2. 次に、クレジットカードなどで、「商品」の代金を支払います。
    ここで、その商品の「所有権」は、「販売者」から「消費者」に移動します。
    その「商品」は、「消費者」のものになります。

  3. 「販売者」は、「商品」を梱包して、海外から日本へ輸送します。
    そして、あなたの家へ配達されます。

「流通」には、大きく2つの流れがあります。

  1. 商流
  2. 物流

です。

それぞれについて説明します。

  1. 商流
    「商流」は、上で、説明した、「2」の流れです。
    代金などを払って、「所有権」が移動します。
    「お金の流れ」です。
    「取引」や「決済」などをおこないます。

  2. 物流
    「物流」は、上で説明した、「3」の流れです。
    購入した「商品」を「消費者」に届けます。
    「ものの流れ」です。


■3.流通活動とは

「流通」は、どのようなことをやるのでしょうか。

「流通活動」とは、
「生産者」と「消費者」との「隔たり(ギャップ)」を埋める活動です。

商品を生産者から消費者に渡さないといけませんからね。

どのような「ギャップ」があるのでしょうか。

大きく以下の3つの「ギャップ」があります。

  1. 人のギャップ
  2. 場所のギャップ
  3. )時間のギャップ

です。

それぞれについて説明します。

  1. 人のギャップ
    通常は、「生産」する人と「消費」する「人」が異なっています。
    その間を埋める必要があります。
    生産した商品を「消費者」へ渡す必要があります。
    お金を払って、「所有権」を移転します。

  2. 場所のギャップ
    「生産」する「場所」と「消費」する「場所」が異なっています。
    その「場所」を埋める必要があります。
    「生産」した「場所」から「消費者」の「場所」へ「商品」を「輸送」する必要があります。

  3. 時間のギャップ
    「生産」する「時期」と、「消費」する「時期」が異なっている場合があります。
    その「時間」を埋める必要があります。
    「生産」した「商品」を「保管」して、必要なときに、「消費者」に届ける必要があります。


この中で、「場所」と「時間」の「ギャップ」を埋める「物流」について説明します。
「ものの流れ」です。






[↑一番上へ]
[物流管理の知識(ホームへ)]
10:402310

運営者